バドミントンボイス ネット
 
クロスネットの打ち方 〜ちょっぴり邪道なクロスネット〜
 

 クロスネットも、現役の頃によく打っていたショットのひとつです。ただし、残念ながら評判はあまりよくありませんでした。私がクロスネットを打つたびに、D志社大学のM尾監督からは、「何でそんなん打つねん!しっかり上げんかい!」と怒鳴られてばかりいた記憶があります。それでも、クロスネットを打ちたがる癖は一向に改善しませんでしたので、よっぽど好きなショットだったのだと思います。
 コツを紹介するとしましたら、バックハンドでクロスネットを打つときは、グリップを握り変えない(親指の腹でグリップを押さない)ことでしょうか。そうすることで、サムアップで打つよりも手首やラケットを柔らかく使うことができ、また、フェイントも仕掛けやすかったように思います。通常のバックハンドの握りをしている選手からすると、おそらくあり得ないコースへも打つことができていたと思いますので、私としては得意なショットのつもりでした。
 ラケットの握りについてもうすこし詳しく説明しますと、フォアハンドの状態のまま親指を伸ばし、親指の側面でグリップを優しく押す(そして手首を返す)ように打っていました。また、打つときに手首はほとんどコックさせていなかったと思います。手の甲がだいたいいつも天井か相手の方を向いていた、と言えばわかりやすいかもしれませんね。この握りの最大の特徴と言いますか、手首を柔らかく使うことができますので、手首を返さずに、自分から見てよりバック側に打つ、逆クロスネットとでもいうようなショットも、大変打ちやすかったです。しかし、これもまた邪道な打ち方だったのかもしれませんね。

一覧に戻る 次ページへ進む

 
サイトマップ
 

Home  … バドミントンボイスのトップページです。
Profile  … バドミントンに関するプロフィールを簡単にアップしています。
Menu  … バドミントンボイスの目次です。ページのトップに分野別の見出しを載せています。
Diary  … お知らせや更新履歴をアップしている日記です。別窓で開きます。
BBS  … ゲストブックを開設しました。こちらも別窓で開きます。
Link  … 他サイトやランキング売れ筋商品を紹介しています。そちらもぜひご覧ください。